suinote

絵と写真とゆるくてシンプルな日常

描いていてよかったと思った日

ここ二、三日のこと。本当に小さくて1mm程度の第一歩だと思うのだけど、初めて絵の仕事をしたり絵でお金を得るという体験ができた。

ひとつはクラウドソーシング的なところに登録して、SNS用のアイコンを描いた。まだ二件だけど、気に入ってもらえて嬉しかった。とにかく何かやりたい!という気持ちが先走ってサッと準備したページだったけど、提供者がたくさんいるなか見つけて依頼してくれたり、お気に入りしてくれた方も何人かいる。よかった。作例はもうちょっと整えないと…と思いつつ後回しになっている…やります…

それにしても相場が安すぎると感じる上に手数料引かれることを考えると悲しいことになる。ずっとこのままの状態はちょっと厳しいので、もっと力をつけてなんとかしていきたいとは思う…

もうひとつは、仕事ではないけど絵や日記を置いているプラットフォームで私のことを紹介&投げ銭してくださった方がいて、初めてのことでとても嬉しかったし、記念の意味も込めてお礼にちょっとした絵を描いて送った。

頼んでもないのに二次創作(好きなキャラ)でもない絵が届いて果たして嬉しいのだろうか、という疑問はあったけど、マイナスな方向にはいかないだろうと思って、思い切ってメールを送った。結果、とても喜んでもらえて、印刷して机に飾ってくれているらしい。「嬉しい」をもらって、返すことができて、またもらってしまった。ありがたい。

思えば今まで、仕事ではないにしても、プレゼントした絵やグリーティングカードなどで喜んでもらえたことは何度もあった。それを改めて思い出したし、去年いろいろ迷いがあって絵を描くのをやめようとしていたけど、また描き始めてよかったと思えた。

趣味でちょっと描いていただけの人間だけど、自分が描いたもので、思ったよりずっと喜んでもらえることがあるんだなと改めて思い出すことができて、とても嬉しい体験だった。


絵自体でどうこう、以外にもよかったなと思えることがあった。

私は面識のない人とのやりとりに圧倒的に不慣れであること(ネットで相互フォローしていてお互いの人となりを知っている場合は別)を改めて知った。べつにトラブルや滞りがあったわけではなく、ただ、慣れてないなって思っただけで、単純にビビリというか、気持ちだけ。

でも「ここは○○だからこうしたほうが良くて」というようなことを伝えたり、簡潔な説明を心がけたりと、スムーズに運べたと思う。そう思うと、制作会社に転職して直接クライアントとやりとりするようになっていた経験はすごく良かったと思うし、それがなかったら、いちいちドキドキして右往左往していたと思う。それくらい、今よりもずっとずっと小心者だった。

それを、会社という後ろ盾がなく自分で完結できたことが、嬉しいはもちろん少し安心したというか。


すでにガツガツ前に進んでいる人からみたら、お前ほんとに大人かよってレベルの進み具合でも、全然行動できないタイプだった自分にとっては、それなりの変化だと思う。好きでやっている限りは描くことを続けたいし、好きなことで喜んでもらえて、お金を得られることを増やしていきたいな。

腹筋のできなさ

f:id:suito15:20170915134051p:plain:w500

数日前、腹筋をしてみようとベッドに横になってみて、一回もできなかった。体が全く持ち上がらない。中学時代って大昔とはいえ運動部だったはずなのにな…幻だったのかな…

ベッド横にあるハンガーラックに足をひっかけることを思いついて(役割的には他の人に足を押さえてもらうようなかんじ)、どうにかふんばってやっと一回持ち上がるくらいだった。足を固定しないと体が持ち上がらない上に一回でこんなに疲れるのかと、自分でだいぶ引いた。

毎日少しずつ続けてみて、やっと十回できるようになった。一回でもだいぶ厳しかった初日よりしんどくない。やらないと衰えるし、続ければできるようになるんだなとわかりやすい変化を実感した。

腹筋をしようと思った理由は、単純に体型の変化にちょっと危機感が生まれたから。たぶん10年前に比べて体重は変わらないどころか少し減っていると思うんだけど、体型は変わってきている。当時持っていたボトムはきっともう履けないだろう。

今のこの程度の腹筋で痩せるとは全く思っていないけど、何も意識しないよりはマシだし、少しずつ回数を増やしたり体を慣らしていた方が、本当にやばいと思った時に改善に向けてすんなり動けると思う。

あと、数年前に寝転ばないで腹筋鍛える系の動画も見てやってたりしたので、それをまたやるのもいいかもしれない。本当はもっと色々なトレーニング方法があるんだけろうけど、面倒だと続かないので、とりあえずやりやすくて簡単なことから続けたい。

腹筋について書いたけど、全体的に体力不足だったり体が固すぎのをなんとかしたいという気持ちがある。歳とともに残念なことになっていくのを防ぎたい。とりあえずは、なんとなく腕立ても始めたり(これも膝をつかないとできないレベルになっていた)、肩こり向けに整体の人に教えて貰って結構続いているダンベル上げ下げ運動、ラジオ体操の一部(全部やるのは面倒なのでその時体をほぐしたい部分に効きそうな動き)、などを、まだまだしょぼいレベルだけどやってる。あとは軽く自転車で走るとか。

こういうことを人に話すと「おまえ痩せてるじゃん!」と嫌味だと思われそうなのであまり言わないけど、お腹は見えないだけで、子供を宿してなくても油断とともに育ってしまうのですよ…という気持ちです。あとはダイエットというよりアラサーであることを自覚して単純に健康のためもあるし、体を動かすのはメンタル面でも良いので、その目的も大きい。

フォトログをはじめる

f:id:suito15:20170912002953p:plain:w350 このブログとは別に、tumblrフォトログ的なページを作った。
suiphoto

というか、ページ自体はかなり前からあったんだけど、たまに撮った写真をただなんとなくアップしているだけで、本当になんとなくの存在だった。特にこだわりもなく、なんとなく3、4カラムでずらっと表示していた。

でも最近、もっと日常的に写真撮りたいな〜楽しいな〜と思うようになったり、写真と一緒に一言メモみたいなのも添えて残していきたいと思った。やったこと、感じたこと、知ったこととか。だから、画像収集やポートフォリオ向けの見せ方になるテーマをやめて1カラムで写真と文のブログとして使いやすいもの(無料テーマを少しだけ調整した)に変更して、しっくりきた。

思えば、私はべつに写真がうまいわけじゃないから小さなサムネが並んでいても全くいいかんじの雰囲気にならない。撮るのは好きだけどそうじゃないんだよなぁどうやったらもっと楽しめるかなぁとモヤモヤしていて、今回の用途を思いついて嬉しい。

ものすごくシンプルだけど、積極的に人に見せていくというよりは自分が振り返ってちょっと楽しむという意味合いが強いし、スッキリきれいなかんじがいいな、と好みな感じになってよかった。