suinote

絵と写真とゆるくてシンプルな日常

Tumblrでブログを書いてたことと、はてなブログにしたこと

Tumblrでブログを書いていて、それがもうすぐ二年になる。
年内か、100記事を区切りとして違うブログサービスつかってみようかなーとやんわり思ってたんだけど、べつに待たないで今やっちゃえばいいじゃんと思ってはてなブログを開設してみた。

Tumblrはじめたころから最近までに色々と変化があったのでその話とか、はてなブログにしてみた経緯とか。

Tumblrのこと

特に強い意志もなくなんとなーくメモ程度に始めたブログだった。 Tumblrを選んだ理由は、デザインやイラストのアップ目的ですでにアカウントがあるので、とりあえずこれでやってみるか、というかんじで、特にこだわりはなかった。 そして続けてみて、最近のこと。

書くのに慣れた
一記事あたり書く量が増えたし、書く時間が少し短くなった。
何か浮かんだらよくメモをとるようになったので、悩む時間も減った。ただ、文字数が多い記事はまだまだ不慣れな感覚で書いてる。

やってみることを増やした
最初は文字だけのメモを軽く残していくだけ、というかんじだったんだけどちょっとつまらなくなってきて、写真載せたり絵とか図とか載せてみるようになった。

楽しい
ブログとか文章書くのが思ったより楽しいと感じるようになった。
内容を好いてくれる人がいたり、絵を載せた時にいいねって言ってくれる人もいて嬉しかった。ブログに限らず何かを楽しくてずっと続けてる人ってこういうかんじなのかな、と気づいた。

総合的な変化
最初の「ちょっとした備忘録・メモ帳」みたいな状態から、それも維持しつつ「楽しくて書く」に変わっていったように思う。
楽しさのない重い内容も書いてるけど、もやもやしてることを書くと少しスッキリして精神的にも良いし、そういうのひっくるめて楽しいというか、やっていると自分にとって良いと感じるようになった。

もちろん、読んでくれる人がいるおかげでこう思えたのが大きい。最初のころみたいに誰も読んでない(と思ってただけで読まれてはいた)ままだったら、誰向けでもないただの自分用メモだったとしても、飽きて続かなかったかもしれない。ありがたい話。

なんとなく停滞感が

ブログじゃなくてもなんでも、慣れると今のままじゃなくてべつのものに触れてみたくなるという感覚、何かしらあると思う。ペンタブをBambooからIntuosにしてみたいとか、新鮮味を求めて引っ越したいとか。そういう気持ちが出てきた。
あとは、Tumblrで文章書くのは結構ひっそりしている感覚があって、それが心地よいでもあるんだけど、他の場所でやってみたら何が得られるか、何か新しい発見があるか、とかを知ってみたくなった。

はてなブログにしてみた

他のサービス使ってみるにあたって、どれにしようかとはあまり悩まなかった。
普段ネットしていてよく見かけるブログや、自分が購読しているブログの多くがはてなブログだし、普段はてなブックマーク見てるし、気になる度が高いのではてなブログを選んだ。

ヤプログやfc2も使っていたことがあって、久しぶりに文章のブログに特化したサービスを触っているのでちょっとドキドキしてる。 まだ慣れてないので色々様子見ながら、楽しんで使っていきたい。