suinote

絵と写真とゆるくてシンプルな日常

考えを表に出すこと

他人が何考えてるかわからないという状況に漠然とした不安を感じるようになってしまった。

お互いの考えがわかったほうが深くて濃い話ができて楽しくて有意義だとは感じているんだけど、そうできれば良いよねってことよりも、単純に人の考えがわからないことに不安感を覚えてしまう。

他人に振り回され続けて学習性無力感に支配されて、消耗と、ストレスをごまかすための消化ばかりだった時代の自分を思い出してしまうのかもしれない(学習性無力感とは、長期間逃げようのないストレスにさらされ続けた結果、もう何をしても無駄だと思って行動をしなくなること)。

考えを言ったり主張したりしない・できないならまだしも、考えすら持とうとしなくなってしまうのは怖い。何かを少しでも良くしたいっていう気持ちすらないわけで、そうなると、良くて現状維持、あとは下降する一方で生きた心地がしない、しなかった。

他の人にもそうなってほしくないというか、自分のエゴだけどそういう面を見て勝手に昔の自分と重ねてつらくなるのが嫌なんだと思う。
だから考えは持って、それだけじゃ伝わらないから表に出してほしいって気持ちがある。

ってわがままを言うからには今は自分も表に出すようにしてる。

なんか暗いかんじで書いてしまったけど、ちゃんと伝えられるようになってから、最初に書いた通り人と話すのが楽しくなったし、ストレスで潰れる直前で回避できることがあったりしたから、なんだかんだそういうの大事だと思う。