suinote

シンプルでいいかんじに生きたい

甘酒おいしい

甘酒を飲むようになった。
5月に母から「栄養たっぷりで健康と美容にいいから飲んでみて」と3種類くらい送られてたのがきっかけ。甘酒って嗜好品だと思っていたら、「飲む点滴」と呼ばれていて、体に良いものらしいというのを初めて知った。それまで甘酒に興味がなかったのだけど、これで栄養摂れるなら、まあ、と思って飲んでみたらおいしくて、たびたび買ってきて飲んでいる。

甘酒には米麹で作られたものと酒粕で作られたものがあって、私が飲んでいるのは米麹のほう。甘さとお米のつぶつぶ感が良いかんじ。米麹のほうはノンアルコールなのでいつでも飲める。
酒粕は、一回買ってきてハチミツを加えて飲んでみたんだけど、酒粕はやっぱり粕汁のイメージが強いというかどうせなら粕汁のほうが好きだなぁと思って、それ以来酒粕の甘酒は飲んでいない。じっくり作ればちゃんと美味しいものになるのかもしれない。

母から届いて最初に飲んだのがマルコメの豆乳ブレンド甘酒で、最初に飲んだのがこれでよかったと思う。

甘いお酒ってどうなの、という気持ちで今まで甘酒飲む気になれなかかったのもあったので、これは甘酒としての甘さは結構控えめで豆乳のまろやかさとのバランスがよく、なんとなく甘酒の味を知るにはちょうどよかった。
今は豆乳ブレンドとかじゃない普通の甘酒飲んでて、やっぱり上のやつよりは甘いし最初に飲んだ時は「え、甘っ」って感想だったけど、それが美味しく感じるくらいにはハマっている。

あと、私が甘酒飲みたい飲みたい言ってたら友人が誘ってくれて、自由が丘にある「古町糀製造所」というお店に行った。
糀ドリンク(甘酒)専門店|古町糀製造所
スタンダードな甘酒はもちろん、バラとか玄米(茶色い)とかヨーグルトとか、いろんな種類の甘酒が売っていておもしろいし、プレゼントによさそう、というかプレゼントされたい。小さい店内には軽く腰掛けられるスペースがあって、カップで販売もしているのでその場で休憩がてら飲むことができる。すでに二回行ったし、何回でも行きたい。もちろん美味しい。

で、甘酒で美しくなったかどうかはあれなのでそっとしておいてください。
母は「肌がきれいになった」と喜んでいたけど、自分は母ほど料理頑張る余裕ないし、普段の生活で足りないぶんの栄養を補ってるくらいの感覚でいる。

広告を非表示にする