suinote

シンプルでいいかんじに生きたい

健康でいたいけど長生きしたいのとは違う

f:id:suito15:20161114003042p:plain:w400

あまり病的な体調の崩し方をしなくなった。ある時期の自分と比べると結構健康的に生活してると思う。風邪はそんなにひかないし、とにかく朝が弱かったのがマシになってきた。最近体調を崩すとしたら、生理前とか精神的にやられているのが体にきた時とか、そんなかんじ。

4年くらい前に慢性的な不調が続いて毎日とにかくしんどかったり、体調を崩して約一週間会社に行けなくなってしまったことがあった。そのあとあたりから生活を見直し始めて、少しずつ不調は改善されていって、ちゃんと今その成果が出ているのだと思う。

とにかく毎日しんどい、というのがもう嫌で、もっと体が軽い状態で身軽に動いて生きていたい。今、毎日、そうでありたいというだけで健康に気をつけている。でも、私はあまり長生きしたいとは思っていないんだけど、健康でいればいるほど長生きできてしまうと思う。かといって、寿命を縮めたいからという理由で今の体を犠牲にして毎日しんどくなるのは絶対に嫌だ。それがもどかしい。

80歳まで生きるとしたら、あと50年以上ある。べつに人生に絶望しているわけではなく、「もういいや」という感覚でもないしまだまだ普通に生きていたいけど、あと50年以上と思うと気が重くなってしまう。毎日をめちゃくちゃハッピーにできれば、そんな気分にもならないんだろうか。毎日意義なく苦しかった過去に比べれば今でもずっと幸せなはずなのになぁ、と思うと複雑な心境。もう心療内科には通わなくて大丈夫なくらいだし「めっちゃ病んでた時はさ〜」ってネタにするくらいだけど、小さいころから根付いている感覚を完全には取り払えてないってふと気付いた時、しばらくはまだがんばれると思うからいいんだけど長生きはしたくないなって感覚が強くなる。

なるべく楽しく元気に生きて、ある程度の歳になったところで苦しまずに眠るように去れたらなぁ、なんて思ってしまう。まあ楽しく元気に生きていればその歳になってもまだまだ生きていきたいと思えるのかもしれないし、よくわからない未来の不安と健康でいたいのに長生きしたくないなんて矛盾した希望をもってるくらいなら、それより、わがままでもなんでもいいから今のことや今したいことだけ考えられるようにしたい。