suinote

絵と写真とゆるくてシンプルな日常

制限で気づくこと

f:id:suito15:20170308010957p:plain:w400

仕事帰りにちらっと服でも見に行こうかと思ったところで、そういえばあと少しで服飾費の予算をオーバーしてしまう、と思い出してやめた。

予算は絶対に守るというよりは目安として設定していて、どうしても欲しいものがあるときはやっぱり後悔したくないから予算オーバーしてもいいということにしてる。でも予算を一応でも設定しておくと、「あ、今なんか買ったらオーバーしちゃうからいいか」とやめられて、そもそもその買い物欲がそこまで高くなかったことに気づく。

節約に繋がるっていうのはあるけどそれよりも、今の自分にとってその欲求って本物なのか、わざわざ何か探しに行って手に入れることは優先事項なのか、そういうことを判断したり、自分の本心に気付くことを大切にしたい。雑な判断で雑に実行して、後悔したり、増え続ける何かの波に溺れて自分を見失いたくない。頭がごちゃごちゃしがちで、転職するまで色々な選択を疎かにして生きてきてダメになりかけた身として、再びそうなってしまうのは嫌だ。

今日の場合は予算での気づきだけど、何らかの制限を作ることで気づく大事なことって他にもあると思う。制限、時間とか。時間に対しての意識はまだまだ弱い。

でも、昔は見るだけでも楽しくてしょっちゅう服屋に通っていたけど、今も楽しいではあるけど、もうちょっと強い目的がないと行かなくなってきた。一見、時間を確保しようとしているような、そうじゃなくてただ面倒になってきて横着したりとかで女子力が低下しているような。それはそれでどうなんだって気もする。