suinote

絵と写真とゆるくてシンプルな日常

もってるもの

私は劣等感のかたまりみたいな人間なんだけど、どうにか視点を変えようとしている。

今まで、周りの人がみんな◯◯できるのに私は苦手(そもそも自発的にやってる人に比べると伸び具合も雲泥の差で、余計に面白味を感じる域にいけない)だからダメ人間だ、みたいなことばかり考えていた。

でも、周りの人がやってない・できなくて、自分だけやってて地味に続けていることはある。大したことでもなく一日中やってられるってほどでもない程度だけど、それでも、自分からそれらを取り上げられたら生きてる意味がなくなって、冗談抜きでうつになると思うし真面目に死にたくなってもおかしくない。たぶん、それらがストレスマネジメントというか避雷針みたいなものになっているから。

そういうものがあるので、自分には何もないわけじゃないじゃん、と少しずつ考えられるようになってきている。

ただ、前述の通り今は避雷針みたいな役割にしかしてなくて、それらを活かしてもうちょっとうまく生きられるか?みたいなこと全然考えたことがなかった。もうちょっとうまい具合に生きられるように考えたいものだな〜っとか考えている。うまい具合ってなんだろう…