suinote

好きなことしてシンプルに生きたい

花と自分のお手入れ

f:id:suito15:20170714000838p:plain:w400

私は眉上程度に短い前髪の方がしっくりくる。というか、前髪が伸びて眉下くらいまでくるとダサくなる。

前髪が短いときは気分的に普通〜元気であることが多くて、ダサくなっている状態の時はなんとなく荒んでいたり気が重い時期だったり、色々面倒で雑になっていることが多い。あと、爪が伸びている時もそう。

ダメっぽい状態が続いていると、いつのまにか麻痺してしまって自分の心の中だけでは今ダメっぽいということに気付きにくい。だからそういう見た目の変化が、ダメっぽさに気づくための指標にしやすい。

でも、指標にするだけってもったいなくないか、と思った。自分の中で、前髪が「短い時は(普通〜)わりと元気」、「長い時は微妙」ということがわかっているなら、形から入る感覚で、なるべく常に短くしておけばいいんじゃないか。そこそこ良い気分を保つ土台として。

前髪や爪を切った時はちょっとスッキリしていいから、スッキリするために処理する!っていう単純なこととも言えるかもしれないけどちょっとニュアンスが違って、気分をキープするためにもう少しマメになろうかな、みたいな。

私の場合は前髪と爪だけど、人によってはマニュキュア塗るとか眉を整えるとか髪を染めるとか脱毛だったり、それぞれ、気分との関係が深いものがあるのではないか。自分にとってそれがなんなのかを見つけて、良い状態にしておくことが、日々の気分の良さやちょっとした幸せに繋がっていくんじゃないかな。

そういう考えが生まれたのは、花の手入れをしているときだった。「これでちょっとキレイが長持ちするね〜」と思いながら、手入れをしていること自体もなんとなく嬉しかったり、綺麗な花がないときよりあるときのほうが嬉しさが続くなとしみじみ思って。花にやっていることを自分にあてはめて、気分の良さを保つ姿勢でいるのって良さそうだなって。花で気づくなんて、ちょっと女子っぽい!ロマンチック!似合わない!と思ったけど、まあいいや。

補足だけど、伸びている状態と荒んでいる状態は絶対にイコールというわけではなく、意図的にそうしてることもたまにある。前髪は試しに伸ばしてみたくなったりアレンジの練習をしてみようとか、爪はマニキュア映えするように伸ばすとか。だから伸びている時に「あ、こいつ今病んでるのか」とは思わないでくれるとありがたい。前髪は伸ばしてみようとして何度か挫折している。巻くのが面倒くさい。