suinote

絵と写真とゆるくてシンプルな日常

油で太るのならば

私が痩せている理由は、太らないための心がけがいろいろあるからだと思うんだけど、そのなかの一つ「油を控える」は、自分が考えているよりも大きいのかもしれないと思った。

普段の食事

料理するときは、油が少なめで済むようなものを作ってる。健康のためというのももちろんあるけど、油をあまり触りたくない(手を洗う手間)のと食器の油汚れを落とすのが面倒といういつものごとくズボラな理由が大きい。

レシピに「油を敷いて肉を焼く」とあっても、他に具材をたくさん入れないときは油を使わないことが多い。ティファールなのと、肉の油で充分、くっつかないし。

あと揚げ物を作らない。揚げ物好きだけど、揚げ物を作ったり片付けたりする手間より揚げないでまあまあ楽に美味しく食べれる料理で妥協する。買って食べることも少ない。

外食では、中華とか重たい料理のお店にあまり行かないし、なるべくさっぱりしたものを選ぶ。

油の量で驚いたこと

私は揚げ物を自分で作ったことがない。昔バイトしてたときに揚げ物を扱っていたのでそれを「作った」ともいうのかもしれないけど、業務用の冷凍のものをマニュアル通りに油につっこむだけで、自分で食べるわけじゃないし、自分で揚げ物を作っているという感覚ではなかった。

最近、少し油多めのお菓子を作ってみたり、食材をちょっとパリッとさせたくて普段より油を使ったりして、「あこんなに油使うんだな…」と驚いた。私が驚きすぎなだけで、料理するうえではたぶん普通の話なのに。料理(主に片付け)が面倒という理由で、とりあえず普通に食べられる味があればいいやと簡素なものを食べがちなので、ちゃんと料理していたり外食していると毎日結構な油を摂っているのだなと。料理動画を見て、パラパラのチャーハンにもふわふわのオムライスにも、自分が思っていた以上に油が使われていることを知ったし、世の中は意外と油で溢れているのかもしれない。こうして自分の感覚が崩れていく。

私が過剰に気にして控えているだけで、そうでないほうがよくある感覚なのかもしれない。そんなにビビりながら料理・外食している人見ないし…。一人暮らしをして体重が減ったのも、食べるものを自分で選んで用意するようになったからかもしれない。実家暮らしの時から瘦せ型ではあったので母の料理を食べ続けたところで太ることもなかったと思うのだけど、それでも自分で食べるものを選ぶ分には面倒さを抜いてもなんだか油を気にしすぎな気がする。

健康でいたい

痩せすぎもよくないのでもうちょっとなんとかしたほうがいいと思うんだけど、揚げ物やラーメンを食べまくるかんじじゃなくて、健康的になんとかしたい。今日こそスーパーに行ってきます…ちゃんと野菜を買うぞ…