suinote

絵と写真とシンプルな生活

今朝の夢

高校に入学した。

昨日まで会社員をやっていたような気がするのだけど…。というか前の席の人、会社の先輩だ。

プリントが大量に配られ、国語のような授業が始まる。授業の進みが早いのか、何も理解できないまま終わった。

最後に、プリントはきちんとファイリングして、定期的に提出してもらいますからね、と言われた。やばい、授業意味わかんなくてなんも書いてなかった…。

さっそく宿題も出る。あれ、昔高校生やってた時って宿題とかあったっけ…仕事もあるのに学校の宿題もあるの…無理じゃね…?っていうか私仕事してたっけ、仕事しながら高校通うんだっけ。何がなんだかわからない。

大量のプリントに面食らう。どんだけアナログなんだよ…時代遅れかよ…と心の中で愚痴をこぼす。仕事では取り急ぎのメモ以外に紙ってほとんど使わないから、紙の整理の仕方なんて忘れたし、ものが増えるのがストレスなことをよく自覚しているので、鬱の扉の前に立たされている気分になる。

会社の先輩はいつのまにか斜め後ろの席になっていて、その後ろに座っている私の友達と仲良く話している。私の前の席は、真面目そうな女の子になった。なんかちょっと質問とか相談とかしたら怪訝な顔をされそう。

授業の際の教室移動もある。まあ学校ってそうだよなーと思う。移動先で席が近くになった女の子が、化粧品を持ち歩いていたようで、机の上に置いていた。というか、周りの女の子はだいたい机に置いている。移動のたびに、お直し用の化粧品を持ち歩くのが常識らしい。え、持ち歩かないの…?みたいな微妙な顔をされた。うわー私女子力ない部類なんか…学校の文化ほんと馴染めねーわ…と諦めのようなものを感じ始める。

先生が授業でTwitterのページをプロジェクタに映す。学校関係のようではあるけど、何のアカウントなのかわからない。アカウントの表示名に悩んでいるというので、みんなで意見を出し合う。ここで当たり前のようにノートPCが登場しており、話し合いはskypeで行われた。なぜ直接喋らないのか。よくわからない学校だ。


と、とくに締まることもなくこの辺で目が覚めた。

学校系の夢は大抵文化や人間関係に適応できず苦しむものが多く、本当に疲れるので、あまり見たくない。

夢を書くことがそのまま愚痴の吐き出しのようなものになる…のかもしれない。