suinote

シンプルに生きたい日々

経過観察。できることについて。

ここ数日またぽつぽつと怪しいタイミングが増えているので、どうしたもんかなぁと思っている。とりあえず抗不安薬飲んだし、悪化せずまあ一応大丈夫…な今のうちにわかっていることなどを。双極性障害について、自分の場のの症状の話。

普通以上のとき

  • 家事 好きではないが、可能
  • 外出 楽しめる
  • 勉強(とは言いたくないので、表面的には遊びと言っている)
  • 雑談系コミュニケーション そもそもコミュ障で会話が苦手なのは別として、気持ち的に
  • 飲み会
  • 読書
  • 映画鑑賞

躁っぽいとき

前提:上記の普通時のことは大抵できる。ただ、落ち着きがないので読書は苦手かも。あと、躁と普通の境界がハッキリわかっているわけじゃないので曖昧なものもあるけど、自分で調べた限りの雰囲気でいうとこのへんかなと。

  • 作りたい、やってみたいことのアイデアがやたらわく
  • 嫌いなこと以外はだいたい楽しめるし色々やってみたさが強くなる
  • 好きなことに一点集中さえできてしまえばかなり捗る(できれば、の話)
  • 出先で好きなもの見ている時の幸福感がすごい

デメリット

じゃあええやん、と思われそうなので悪い面についても書いておく。

  • イデアがわいたり手をつけたりするが、完成まで持っていけないことが多々。躁の特徴としてよくいわれているやつ
  • 注意散漫になる
  • コミュニケーション(私の場合は環境的にテキストが多い)が盛んになるので、うつ時の大人しさとのギャップが生じる

うつ気味のとき

  • 漫画読む

それだけ…?

まとめてみての感想

うつのとき基本エネルギーがないので、なにもできない感がある。悪化するとそれすらできずひたすら寝ている。漫画が読めるのは、自分のペースで進められるし、フィクションに現実逃避を見出しているのかもしれない。勉強系の本はなかなか読めない。活字とか。あと、起き上がっているのがしんどいのでなにかしらの作業が苦手。

いやぁ生活難しいな、というところ。今までだと、こういうときでも何かせねばというかんじで動こうとして結局捗らないということが多かった。素直に漫画読んで寝ろと言いたい。しかしたくさん漫画を読むのも難しいため(そんなにぼこぼこ新刊がでるわけじゃないし、新しいタイトルを探すのも大変だし、継続もそれなりに大変)、別のゆるいなにかも見つけた方が良さそう。なかなか頭が働かないし時間もかかるのでこういう時は気が向かなかったけど、ためしに映画でも見てみようかな、Oculus Go買ったし。

親とか、普通に生きている人から見て「またこいつだらだらしてんな〜」とか思われるようなことかもしれないけど、自分は良くも悪くも感受性が強くて、自分としてはそこに蓋をしようとしていた時期もあったけどむしろそこを買ってくれたり伸ばしたら?と言ってもらえることもでてきたのもあり…鑑賞系は感性の糧になるし、うつな時に寝る以外できることが本当に少ないので、罪悪感を抱かずにやりたい。

あ、映画がしんどかったらYouTube垂れ流しでもいいかもしれない。あまりしてなかったけど、思い返せばニコニコに入り浸っていたあの頃の感覚が自分を支えていたところもあるし、ものづくり面では確実に影響を受けている。あの頃は全力でなにか作る活動をしている人たちって雲の上の人とか別世界の人だと思って完全に受け手だったな。余談ですけど。