suinote

シンプルに生きたい日々

近況、引っ越してお休み期間としています

年末から最近にかけて生活の大きな変化があった。別に自分の生活なんて他人にとってどうでもいいはずなので書いてもな、と思ったけど、今後のブログの内容に関して前提が変わってくるので、一応書いておくことにした。二点です。

引っ越した

引っ越して、一人暮らしから二人暮らしになった(結婚はしてない)。自分が誰かと暮らすなんて想像もつかなかったのだけど、同居人には体質のことを自分以外に一番理解してもらえているので、あまりがんばらない生活ができていてとても助かってる。

会社を辞めて半無職になった

2月末で、3年ほど勤めていた会社を辞めた。自分の体質や体調を鑑みて、もう少し落ち着けることを前提とした働き方を探したほうがいいと思ったため。やめたのは自分の都合であって、会社の方々には本当によくしていただいた。良い経験と出会いがあって、最終日に嬉しいお言葉やプレゼントをいただいて、少しは役に立てたかな、働けてよかったな、と思えた。

今は貯金に頼りつつ、知人からいただく少しのお仕事を足しにして生活している。直近は心身の調子を考慮してデザインよりもオペレーション寄りの仕事。完全にフリーランスになろうとしているわけではなくなりゆきでそうしているだけで、今後の働き方やどういう仕事をしていくかは悩んでいる。

そんな生活をしている

そのうちちゃんとプラスになるくらいの収入を得るようにはしないといけないものの、結構疲れてしまっていたしまとまった休みを取る期間って当たり前だけどめったにないので、この機会に思い切って休んでいる。自分の体質でもそれなりに働いていけるようにしたいし、少しずつ生活改善を試みて、後々は無理しすぎず生きている生活に辿り着きたい。

太陽光で充電できるライト、ソネングラスを買った

f:id:suito15:20210126141329j:plain

ほんのり灯りを得られるソネングラスというライトを買った。ミニのほう。

太陽光で充電できるので、一度買ってしまえば電池を入れ替える手間もお金も必要ないのでとても便利。実際に試してはいないけど、満充電で24時間以上点灯できるとのこと。

f:id:suito15:20210126143759j:plain

基本的に日光のあたるベッドの横に置いて充電して、深夜真っ暗な部屋でちょっとだけ灯りがほしい時に使っている。一応他にも間接照明は部屋にあるんだけど、これはパッと持ち運びできるのが便利で、取っ手があるので深夜目が覚めてトイレに行く時に連れて行けるので助かる。引っ越してトイレまでの道のりが遠くなったので…。

光が明るすぎないのも良い。やわらかい。逆に言うと、これだけで読書するのは厳しいと感じたので、就寝前にベッドでのんびり読書…ってかんじの目的で照明をお探しだったらそれ用のを買ったほうがいいと思う。

災害時にも役立つかも。懐中電灯みたいにピカーっと光るわけではないのでそこは理解しておいたほうがよさそうだけど、ろうそくみたいに残量を気にすることもそんなになさそうなので。不安があるとすれば壊れたり割れたり…だろうか。あと晴れずになかなか充電できないとか。まあ災害専門のグッズではないので、補助的に考えておいたほうがよさそう。

それから、私はそのまま使っているけど、中にプリザーブドフラワーとかお好きなものを入れられるので、アレンジとかも楽しそうです。

なんか書こう

珍しく何ヶ月もブログを書いていなかった。べつに忙しかったからとかではないけど、何かしら書きたかったものの頭の余裕が足りなかった。

長くブログをやっているといろんな人が思うことだろうけど、そこそこまとまった量の文章を書かなきゃとか、役に立つ記事を書かなきゃとか、そういう何かが、無名の自分にも少なからず生まれてきてしまっているのはあって、難しい気持ちが若干ある。

あと、自分のブログは雑多すぎて「これは『ファッションをテーマにしたブログ』です」みたいなわかりやすい位置づけがしにくい。したくないとも言えるかもしれない。雑な日記みたいに短い文章も書きたいし、よかったものごとを紹介する記事も書きたい。でもそんなんでいいのかなぁ、なんかごちゃごちゃで気持ち悪いかなぁ、みたいなモヤモヤが微妙にある。べつに仕事じゃないし、好きにやればいいのに。

ただ、数ヶ月ブログを書いていない間でも、アクセスがあって、少しだけ読者数が増えたりもして、こんなんでも少しは誰かの暇つぶしになるのか〜と思ったのもまた事実で。少し驚いている。あまり気にせずまたゆるく続けようと思った。

そういえば、そろそろブログを書きたいなと思っていたタイミングではてなさんの公式ブログで自作テーマを紹介していただきました。 blog.hatenablog.com なんだか久々にブログを書くことに関して後押しをしてもらったようで嬉しかったです。

それでは、今後ともよろしくお願いします。