suinote

シンプルに生きたい日々

夢の中に閉じ込められたみたいだった

f:id:suito15:20200817191956p:plain

暑いせいか、先日また悪い夢を見た。エアコンの設定が甘かったか。今日は派手にホラーや殺される系の恐怖ではなく、静かに不気味な明晰夢のような感じだった。

その日は仮眠をしていた(ここは現実)。目が覚めると、自室だけど少し光景が違う気がした。起き上がって小さいテーブルのほうを見ると、サラダや揚げ物の残りなどが小さいテーブルに雑に置いあった。こんな半端な食べ方をした上に冷蔵庫に入れ忘れるか…?と不思議に思った。本棚の方に目をやると、ぬいぐるみがたくさん置いてある。そんなに買った覚えはないのに。そもそも本棚もあんなに大きくなかったはず。

不安になってきて、その状況をTwitterに簡潔に書き込んだ。すると知人から「そういうのは『○○○』っていう夢らしい。今あなたも本当は夢の中にいて、また何度か仮眠をすることでだんだん現実に近い状態になっていき、最終的に現実に戻れる」といったことを教えてもらった。夢の中で何度か眠ればそのうち戻れるって…なんか変な話だな…と思いながら、一応信じてみることにして、眠りについた。

次に目が覚めると、確かにさっきよりは現実に少し近くなっていた。棚の大きさ、ぬいぐるみの量が控えめになった。ただ、ぬいぐるみの商品自体は一緒のはずなのに、顔も形もバラバラで、不安を煽るような崩し方をしているような作りにされているものもいくつかあって、怖くなった。夢なのか夢じゃないのか、感覚が曖昧になってきてしまったけど、気づいたら眠っていた。

その次に目が覚めて、今度は現実に戻った気がした。ただ、部屋の明かりが普段より暗くて、調整もうまくできなくて、気味が悪くてなかなか起き上がれなかった。ちょっとおかしいし、やっぱりたぶん夢だと思って、もうはやく終わってほしいと思った。

いつの間にかまた眠っていたのか、気づいたら昔住んでいた家にいた。昔住んでいた家なので、当然これも夢なのに、なぜかなんの疑いもなく、やっと現実に戻ったと思った。そこでは父と母と、知人2人で食卓を囲んでいた。そのうちの1人は最初にTwitterでリプライをくれた人だった。彼に「やっぱり今までのはさっき教えてもらった『○○○』だったみたい、やっと戻ってこれた」と言った。

それが最後の夢で、そのあとに目が覚めた時が本当に現実だった。やっと帰ってきた、そんな感覚だった。繰り返した夢の世界の不気味さがハッキリと残っていて、その感覚から抜け出したくてすぐに起きた。夢のループだったんだけど、パラレルワールドを行ったり来たりしていたみたいな気持ちだった。

そういえば、パラレルワールドの少し不気味な話、で、子どもの頃に読んだ「ルート225」という本を思い出した。なんとなく検索してみたら意外と評価が高くなかったけど、私は好きだった。

それにしても、少し仮眠を取るだけでなんだか疲れるなんて、なんのための仮眠なんだ…。