suinote

シンプルに生きたい日々

2019年振り返り

(2020年になってしまったけど、2019年のアーカイブとして残しておきたいので日付をいじっています)

19年のテーマは、[個]だった。個性、というと大げさで、簡単に言うと自分自身を見つける・取り戻すようなニュアンス。他人の人生を生きるのを卒業する、良い影響を受けたり刺激を摂取しつつ、それらに飲み込まれずに自分の内面ありきのことを大事にしたいと思っていた。合格点には若干及ばないかギリギリまあ…な感じがあるけど、テーマを掲げないよりは圧倒的によかったと思う。

それでは、やったことの振り返りを。

表現面

人に振り回されず、自分自身の内面や感覚にフォーカスしたことをやりたい、強化したい気持ちがあった。自分の性質がよくわかったし、割り切れるようになってきたから。自分の感覚を込められるものを作りたかった。

どれもとりあえずやってみるか、の触り程度だけど、AfterEffects、BlenderJavaScriptあたりの勉強をしてみたり、引き続き文章や絵は描いていた。

そのなかでしっくりきそうだったのはBlender(3DCG)で、iPadによる手書きイラストとの組み合わせが楽しかった。自分が好きな雰囲気の空間を作り、そこに自分が生み出した子達を住まわせる…と思うとワクワクした。たまたま、一件だけだけど3D×イラストのお仕事もやらせていただいたのもとてもよい経験になった。

さいころ、何かを形作ることが好きだったから、3Dもソフトさえ使いこなせればめちゃくちゃ楽しいと思う。絵はまあ、落書きでも描かないと精神的に無理なので止めることはないはず。どちらもまだまだだけど、それでも組み合わせることによっておもしろい表現ができるのっていいなと思った。これからもっと模索していきたい。

病気と性質のこと

自分の病気(双極性障害)に向き合うことができた。年のはじめ頃にうつ状態になってしまったのがしんどくて、本を読んだりネットで調べたりしたうえで重い腰を上げて、何年も前に勝手にやめていた通院を再開し、毎日薬を続けている。おかげで精神状態の波がまあまあ落ち着いて過ごしやすくなった。今は双極の治療だけだけど、本当はADHD由来のものなのではと疑っていて、通院先でも一応診断受けたほうがいいとは言われているので、20年中には行きたい…とは思っている。

あと、自分が内向型であることを全力肯定するために、内向型に関する情報も引き続き集めた。人との関わり方、休日の過ごし方、趣味の楽しみ方など、自分がダメだから大多数の人に無理やり合わせよう、ではなく、これが自分のタイプだから大事にしたり長所を伸ばしていきたいと思えるようになった。

生活面

断捨離についての記事は以前から書いているけど、引き続きものごとの選別を続けてシンプルな生活になってきていると思う。服装や、部屋に置くものなど。自分や身の回りをアレコレ飾ろうとするのではなく、削った先に自分が見えると思うので。

若い頃は自我を拗らせて着飾っていたけどそれはそれで良い経験で、その時なりの個性だったと思う。今は今なりの個性を見い出せている気がする。

備忘録・雑なKPT

K

  • 新しいことに挑戦(とりあえず触ってみる)できた
    • Blender
    • AEのオンラインスクールに入った
    • InDesign案件
    • 新しくはないが、久々に名刺以外の印刷物を作っている
  • 個人でアートワークのお仕事ができた(3D)
  • 人付き合いで無理をせず、かつ行きたい飲み会などはちょっと勇気を出して参加した
  • 心療内科への通院を再開し、病状が改善された
  • 少しだが断捨離し、年間を通して以前よりまた気持ちが若干スッキリした
  • 枕を初めてオーダーメイドした(すごく億劫だったがスムーズに終わった)
  • 髪をバッサリ切っていかに楽であるかを知った
  • 名刺ページをちょっとかわいくした
  • 卑屈さが若干改善された
  • 去年に比べるとビビりよりも好意・好奇心で人と関われるようになった

P

  • 好きなことを継続してないと、いざチャンスが巡ってきたときにうまく乗れないと実感した
  • 引きこもりがちだった
  • 梅雨時期の自律神経乱れ・体調がひどかった
  • 風邪を引いたときに治りにくかった(会社の環境が改善されたのでもうそこそこ大丈夫そう)
  • 後半はほとんどコード書いてなかった・あまり情報を追ってなかった
    • 仕事でやらないにしても、何ができるのかのインプットはもうちょっとすべきだった

T

  • 外に出る
    • 感性のため
    • 健康のために動く
  • 名刺ページを更新する
  • 自分が実際に使う技術以外の、もうちょっとまわりのことの情報収集もする
    • 何と組み合わせられるかの知識やアイデアのため
  • 体を動かす
    • 軽いストレッチと軽い筋トレくらいはする
  • ものづくりに関して興味のあることに触れてみるスタンスはできつつあるので、来年は上達を目指す

2020年もよろしくお願いします

あまり更新しなくなったけど、こんな個人的な雑記帳みたいなブログを読んでくださる方がいて本当にありがたいです。これからも個人的なことを書きつつ、たまにどこかの誰かのお役に立てたらいいなという気持ちでやっていくので、よろしくお願いします。

2020年のテーマはまだ頭の中でしっくりきていない…1月上旬に決める。

umbraの水切りカゴを買った

夏に買って、しばらく使っている。かなりスリムな水切りカゴ。

なぜ買ったかというと、一人暮らしを始めた頃よりも料理の頻度が下がり、かつ簡単なものしか作らなくなり、洗い物の回数と量が激減したからだ。

以前は無印のものを使っていて、シンプルでよいものだとは思うんだけど、自分の生活には大きすぎて圧迫感と無駄な感じがあり、大きいことに甘えて洗い物を溜めてしまいがちだった。

これは見ての通り細長い。色々とギリギリである。洗ったコップとお茶碗を並べたり重ねたりでなんとかやっている。どんぶりや小さなボウルははみ出すけど、一応置ける。平皿は端のスタンドに立てられる。そこに小さめのまな板も立てる。箸やスプーンなどは立てられず置きにくい。安定面で食器の上には置けないので、一番下に寝かせておくか、厳しい時はコンロの上に置いている鍋とかに適当に置いておく。適当でいい。完璧な収納なんて疲れてしまう。

全てがギリギリってかんじだけど、おかげで洗い物をまめにするようになったし、キッチンを通った時のスッキリ感が思った以上に気持ち良くて、気に入っている。

水受けトレーは付いていないので、ふきんを敷いている。水切りトレーを洗うのってなんか億劫で、ふきんは気軽に適当にガバッと洗えるかんじがするというか、捨てるのも楽なのでまあこれでいいかなと思ってる。

もしご購入を検討される際は、サイズをしっかり考慮したほうがよさそう。細い分には、お茶碗とかちょっとはみ出しても置けるけど、意外と長さがあって、狭めのキッチンだと置き方にもよるけど洗い場(?)に足を突っ込んで不安定になってしまう可能性がある。うちはギリギリです。色々ギリギリですね。でも買ってよかったのは変わらず。

二人暮らしとか、もっと料理するようになったりするまではこのままでいけそう。

ちなみにおまけですが、このタワシが気に入っています。黒はシンプルで良い。ひっかけるためにちょろっと付いている紐は赤いけど、特に気にならない。

ちょっとした雑記集

7~10月末までのちょこっとした雑記の一部を集めた。若干加筆修正済み。

断捨離

「どうせ一年後には死ぬ」と思うと断捨離が若干捗る。本当の本当に死のうとしているわけではないので、めちゃ捗るわけではない。若干の捗り。

でも、実際のところ希死念慮に囚われていることは多い。しんどい。

2019/07/22

(過去にこのブログに似たような内容を書いてたことにことに気づいた)

学び

「いやその要求は想定外」「そもそもそれはどうなの」
って問題や疑問が発生した時、世の会社には、「要望に応えるのが務めだ、いいからとにかくやれ」という人と「だよね、これは違うよね、無理があるよね、お断りしよう・別の策を検討しよう」と、疑問を逃さず自分たちのことも大事にできる人がいる。

今、これを大事にしている人たちと仕事ができていると思う。ありがたい。

2019/09/02

台風だなぁ

ベッドの頭側がベランダの窓なので、こわいので、昨日から逆向きに寝ている。二重サッシで、飛来物でガラスが割れた際に破片が大変なことになりそうなので、外側のガラスの方に段ボール貼った。内側のガラスを少しは守ってほしい。カーテンは閉めたのでよっぽどでかくて重くてやばいものが飛んでこない限りは破片で怪我することもないだろう。まあ、全て徒労に終わってほしいけど。

そして、外に出られないのを言い訳にお菓子やレトルト、インスタント食品を予定外の量買い込んだ。そういや大好きだったんだなと実感するなどした。

全てが徒労に終わった暁には、自分を労うために色々美味しくいただきます。ああ、早くカップ焼きそば食べたい…

2019/10/12

ブラック企業

知人が楽しそうにしているのがTLやブログなどで目に入る会社以外は全部ブラック企業、みたいな先入観があって悲しい。最初に勤めた地方の会社がつらかったからっていうのが大きいけど。誰にも知られていないから何されても外から気づかれない、そうやって荒んでいくかんじ。今はたまたま人間関係が楽なだけ。超ホワイトってほどでなくても、スッキリした気持ちになれる会社や仕事ってあるのかな。

2019/10/15

Twitter

Twitterでインターネットの人(好きな人に限る)と気軽に、良い意味で雑にコミュニケーションしたいけど、自分がTwitter疲れしていてあまり見れないというかさらっと流す程度にしかできなくなってしまったため、難しくなった。

発言するのもだし、誰かの言葉を読むだけでも、自分宛じゃないのに無意識に受け止めようとしているようで、やたら疲れる。

Twitterから少し離れてから、そういうのを痛感した。そして、その疲れから開放されてスッキリしつつも、少し寂しくもある。

2019/10/16

鬼滅の刃

イベントのライブビューイング行ってきた、最高だった…声優さんたちのトークは少なくて、大半が主要キャラの朗読劇で構成されていた(トークももっと聞きたかったけど)。イベントオリジナルの内容は笑える要素が多かったけど、その会話の中でアニメの内容を振り返りながらのアフレコ、迫力がすごくてみなさん本当にかっこよかった。やっぱり映画館で観たり聞いたりだと家と全然違う。

生きるのしんどいけど、こういう楽しみがあると、働いていてよかったと思える。自分は精神面とかの問題でグッズなど物理的に残るものがあまり買えないので、こういうイベントとか、体験にお金を払うことで少しは何かに貢献できていればいいな。

2019/10/21

風邪

風邪をこじらせて数日ダメになっていたけど、何もできなかったおかげで「何もしない」という強制的な休養ができた気がする。体もだし、ネットもあまり見なくて心も休めたような。まだ本調子ではないものの、少しスッキリして気分もまあまあで、休養の大事さを痛感した。

しかし今の働き方をしている限りこれを繰り返してしまう気がしており、よくない。もっと体調を安定させた働き方ができるといいのだけど、なかなか簡単ではない。

2019/10/28