suinote

絵と写真とゆるくてシンプルな日常

ていねいに暮らさない

f:id:suito15:20171124115636p:plain:w550

断捨離をして、衣食住など生活に関することに興味を持ち始めてから、「ていねいな暮らし」に憧れていた時期があった。きちんと整理整頓された生活雑貨、素敵な家具、お洒落なディスプレイ、優雅なティータイム、いいなぁ…と。思っていたけど、もうそれを目指すのはやめようと思った。

そういう空間で過ごすともちろん気分がいい。でも、身の周りのことをしっかり整えて、お洒落っぽい生活をするために、私の場合それ以上に時間もお金も精神も消費してしまうということに気づいた。

平日は仕事から帰ってきてさっとご飯を食べてお風呂に入ったら、勉強したり趣味に時間を費やしたりしたい。休日は疲れをリセットするために、ごろごろ休んだり出かけたり平日にできなかった分のアレコレをやりたい。これだけで日々いっぱいいっぱいだった。そこに満足いくレベルまで生活をていねいに整える時間がどこにあるというんだ。いや、やろうと思えば不可能ではなくて、「ていねい」をねじ込むことはできるんだけど、ねじ込むということは自然な行為ではない。どこか無理していることになる。

更に、私は極端に面倒くさがりやだ。いま時間のある無職であるにもかかわらず、色々整えない結構雑な生活をしている。時間があってもやらないということは、もう完全に性に合わないのだ。「面倒くさいしとにかく楽したい」という感覚が、「ていねいな暮らしによって得られるメリット」を超えている。

私にとってのていねいな暮らしとは、あくまで自分が心地よく過ごす(精神衛生向上のため)の手段のはずだ。それなのに、そのために合わないことをやって消耗するほうが大きいなんてどうかしている。

そもそも私が断捨離をしてから物を増やさない生活を心がけている理由の一つとして、「楽したいから」というのはかなり大きい。物を減らしてから、掃除はしやすいし整理も楽になったし(整頓はあまりしない)、この楽さがとても大事なのではないか。

と、ここまで書くとただただがさつな人間と思われるかもしれないけど、それだけじゃなくて、私は感情や思考などメンタル的にキャパシティが大きくないので、少しでも余裕が欲しいのだ。物が少なくて整える必要すらないということは、物に向けるべき意識も必要ないということであって。削れるところは削って楽をすることで、自分をそれなりに保つことができる。

もちろんていねいな暮らし自体をバカにしたり否定しているわけではない。それを純粋に好きで楽しんでやっていたり、プラスになっているならば本当にその人に合っているのだろうし、素敵だし、正直羨ましくもある。ただ、表面上の軽い憧れのような気持ちでやるには、無理が生じる。私には合わなかった。

ていねいな暮らしはできない、かといってめちゃくちゃな部屋で過ごすのも苦しくて無理な私は、少ない物で楽な暮らしをするのがきっと一番いい。そう気づいてから、そこは気を張らなくていいんだと思えて、少しだけ気持ちの余裕が生まれた気がする。

部屋着チョイス

f:id:suito15:20171123205503j:plain:w550

部屋着、気づいたら全身黒になりがちですごくどんよりしたかんじになる。これはちょっとなぁ…明日はもうちょっと考えよう…と思っていても翌日着替えたら上下紺とか更に微妙な格好になってたりする。汚れが目立たないものがいいと思うと暗い服ばかりになるので、後先考えずに買うとこうなってしまう。

少し暗めのグレーのトップスに黒のパンツがどんよりにならず汚れも目立ちにくい無難な組み合わせなので、次に部屋着を買うときは暗めのグレーにしよう。絶対に。

グレーの冬物部屋着トップスは一着だけあって、グレーばかりになるのもな〜と思って他には紺とか黒とか買ってたけど、もうバリエーション増やすことを考えずに、極端にいうと「私服の制服化」みたいなかんじに統一しちゃったほうが楽でいいだろうなと思う。バリエーション増やそうと思うとどうしても組み合わせのために枚数が増えがちで、クローゼットを圧迫してしまうのが困る。

いろんな色があったほうが気分転換にもなっていいと思っていた時期もあったけど、最近はクローゼットの圧迫とか組み合わせ云々とか考えるほうが気疲れしてよくない…と感じるようになってしまったので、価値観は変わっていくのだな、と思う。

広告を非表示にする

豆腐のちょい揚げホットケーキ

f:id:suito15:20171122231042p:plain:w450

表面サクサクで中しっとりの、ドーナツとホットケーキの中間みたいなの。

無性にサクサクしたものが食べたい、ホットケーキミックスあるしドーナツでも作ってみるか、でも大量の油の処理がめんどくさそう(家で揚げ物を作ったことがないのでよくわかっていない)、どうしようかな〜というところで思いついたやつ。

材料 2人分(多かった)

作り方

  • 豆腐とホットケーキミックスを混ぜる。普通にホットケーキ作る要領で。
  • フライパンを熱してサラダ油を敷く。油がホットケーキの底面だけ浸かる(フライパンの全体を覆う直前)くらい。
  • 最初に混ぜたやつを平たくしてフライパンに乗せて、油に浸かっている面がサクサクになるまで焼く。7センチくらいが食べやすくて好き。
  • 焼けたらひっくり返して、足りなくなってたら油を少し足して、また同じように焼く。
  • 両面がいいかんじにサクッとしたら、黒糖をまぶして完成。

美味しかった。久しぶりにサクサク系を食べたので尚更。油ギトギトにならないし、後処理も要らないしで楽で良いです。

蛇足なんだけど。
普段あまり揚げ物を食べない・油控えめ料理を心がけている身としては、こういう食べ物にはたくさん油が使われてて、それを丸ごと食べてたんだよなぁ、と改めて少しギョッとしてしまった。たまにならいいと思うしそんなに神経質にならなくていいと思うけど、こういうのはたまに食べるお楽しみ、程度にしておこうと思った。揚げ物ばかりの生活にならないようにしようとちょっとだけ気が引き締まったというか。

ズボラ節約

f:id:suito15:20171121224741p:plain:w500

昔から面倒くさがりやで、寒くなってくると余計にいろいろ面倒になってくる。最近は食に関することが特に面倒で、良いんだか悪いんだか、面倒なおかげで節約になっている。そのせいでお腹が減っている時間が多い。

玉ねぎとか納豆とかもやしくらいだったら近くのコンビニにも売ってるので(こういうのは値段的にスーパーと大差ないし)それでいいや、と雑に過ごしてしまう。

ただこのズボラっぷりに磨きがかかると栄養面が怪しくなってくるので、さすがに明日こそ食材の買い出しにスーパーに行こう……と、思って数日経った。

広告を非表示にする

化粧事情

f:id:suito15:20171121135254p:plain

今は家にいる日が多いので 、化粧をすることがだいぶ減った。楽だ。

出勤していたときは毎日当たり前に化粧をしていたけど、すっぴんのほうが多い生活になるといざ出かけるときに「あ、そういえば毎日化粧してたなぁ」とか今更思い出す。

楽しみな予定の日は化粧も楽しいんだけど、楽しみじゃない予定の日は非常に面倒で、「いや、でも化粧だって礼儀だしな…うん…」というかんじで渋々やる。なんで化粧って女だけの文化なんだろうな?テレビに出るとか表に立つ人は男性でも化粧したりするのはあるけど。

あと、化粧が面倒な理由に一重だから、というのもある。昔、バイト先にかなり薄いアイメイクで行った時(↓関係ない時に描いたのでタッチが違いますが)

f:id:suito15:20171121140744p:plain:w400

全く眠くなく普通に過ごしているのに寝起きかと言われたことがあった。

ちょっとくらいアイシャドウを塗って軽くアイライナーをひいたくらいではまぶたで隠れてしまうので、結構しっかりやらないと「化粧をした顔」にはならないのだ。この時以来、接客業でもデスクワークでも徹夜とかの事情がない限りアイメイクだけは欠かさずにいる。当たり前にやっていたとはいえ、結構な労力だったんじゃないかな…。

一重ってこういう意味で不便だけど、日本には一重の人のほうが多いっていうのに、メイク講座は二重向けもしくはアイプチ前提ばかりだし、この二重のほうがカワイイ文化ってなんなんだろうなぁと思う。十代の頃は一重がコンプレックスで、「一重はブス」「一重死ね」みたいなネットの書き込みを見てよく凹んでいた。

でも二十代後半にもなるとだんだん劣等感みたいなのも薄れてきて、元がいいかとかあまり気にしなくても、持ってるものの範囲でそれなりに気を遣っていれば充分というか、傷つくこともないのでもういいやという気持ちになった。かっこよく(?)言えば二重のほうがカワイイ文化に屈したくない・流される必要はない、悪く言えばそこまで熱量もないしなんかもうどーでもいいわ…って気持ちで、吹っ切れたしアイプチも整形したい気持ちももう完全にない。

なんというか改めて、特定の職業を除いて、化粧のちょっとしたことで収入が大きく変わるわけでもないのに、楽しさも面倒さも化粧にいろいろ左右されちゃうものですね。と思う。

広告を非表示にする