suinote

絵と写真とシンプルな生活

なんでブログを書くのだろう

書くことに関するイベントで発表を聞いたり、ツールを作っている人の活動などを見て、人は・私はなぜブログやポエムを書くんだろう、書き続けるんだろう、という疑問がしばしば頭に浮かぶようになった。

以前、こんなことを書いた。 suito.hatenablog.com

私にとってブログは、振り返り、思考の整理、言い聞かせ、などの役割が強かったらしい。この時は(あと、自分の経験したことが誰かの役にたつかも?という考えで残していたりもして、今でもそれはある)。

でも最近は、そういう強い役割を求めなくなった面もある。

単純に、誰かに話を聞いてほしい。そんなニュアンスが増えた。

大人になると、子供の頃みたいに毎日休み時間や部活で友達と「昨日はこんなことがあった」「こんなことで悩んでる」みたいなおしゃべりをすることが減る。雑談メールとかもしなくなるし。用事以外のメール的なことを日常的にするのも苦手になったし…。

話すことって物理的には可能だけど、そういうとりとめのない話とか、わざわざ話しかけてまではもうやりにくい。今そんなことをたくさんしていたら、「えっこの人どうしたの…」みたいな雰囲気になりそう。

でもやっぱり、誰かに話を聞いてほしい、という感覚がずっと消えていないのだと思う。別にアドバイスとか直接話しかけるようなコメントとかを求めてなくて、ただ聞いてほしいのだ、たぶん。女って解決策を求めずにただ聞いてほしいだけのところあるって言うし。そんなことを延々と誰かに直接話すわけにもいかないし、それで相手を消耗させることをしたくない。だから、読む読まないの自由が選べる場所があると助かる。とても居心地が良くて楽だ。そんな場所で、ただただ何か話すように書いていたいのだと思う。

と気づいたっぽいところで、いや、あれこれ考えずとも、そもそもブログってそういうもんじゃないっけ?って思ったのだけど、そういうもんであることを忘れていた。ブログと聞くと、PVとか収益とか、バズって有名になるとか、そういう世界もあって、最近はそっちが当たり前に感じてしまっていた気がする。そういう面に引っ張られない状態での、自分にとってブログってなんなのか、というのがどこかに押しやられていた。

そういえば、ブログのテーマを公開したのも、ネーミングも、そういう、自分なりのブログの価値観や居場所となるものを守りたいからだったはずだ(忘れていたのだろうか…)。

書くことで、自分が少しでも話した気になってなんとなくスッキリしたら、それでいいんじゃないか。それが私のような内向的な人間にとって小さくても救いになるなら、きっと大事なことだし、ずっと肯定していきたい。お金にならなくても有名にならなくても、生きているだけでしんどい私たちにとって、薬のようなものだから。

この日記、これはこれで、はじめに書いた「言い聞かせ」的なやつですね。

最近の花事情

f:id:suito15:20181006164739j:plain

最近ブログには書いてなかったけど、花は地味に買い続けている。たまにまとめてアップしようかな。

あ、上の写真は買ったものではなく、浜離宮恩賜庭園で撮ったコスモスです。色合いが好きだったのでついでに。

f:id:suito15:20181006170314j:plain

これの前に買ったガーベラがあまりにもすぐ枯れてしまい、ショックでカーネション(わりと長持ち)を買ったのだった。左上の黄緑のを買ったあとで、別の花屋で一目惚れしたバイパーワインという色のカーネーションと、アストランティアを。このアストランティアはほんのりピンクで、小ぶりなかんじも相まってとても可愛らしい。

ピンク、白、黄緑の組み合わせがどうも好きっぽい。

f:id:suito15:20181006170419j:plain

カラーとアストランティア。仕事の関係でカラーという花を知り、身近な花屋に売っているのだろうか…と思っていたら、あった。細身で大人っぽい印象。アストランティアは白。なんとなく冬っぽい雰囲気にまとまった気がする。

f:id:suito15:20181006170426j:plain

バラ三種。ピンクレース、デザート、テナチュール。たまに行く花屋にバラがたくさん並んでいて、あれもこれもかわいい〜〜〜ウワ〜〜〜〜と無言で大興奮したが、とりあえず手頃な価格でめちゃくちゃにならないバランスに収めた。ピンクレース(左上)、第一印象がピンクの芽キャベツだった。ころんとしてかわいい。

f:id:suito15:20181006170434j:plain

ダリア。この色のダリアを初めて見て一目惚れしたとき、大変貧乏で買えなかった。この花自体は高くないんだけど。先日仕事帰りにたまたま見かけて、あっあれは!!あのときの!!と思い、閉店しようとしているところに滑り込んだ。すみません。

わりと淡めの花を買いがちなので、こういうハッキリとした赤を楽しめるのが新鮮だった。

花いいですよ

家に帰ってきた時に、花が目に入ると思った以上に癒される。一人暮らしで動物もいないので、こういう小さな癒しは重要。本数が少ないと手入れ楽だし。

束で買ったほうが安くつくけど、少ない本数を自分で選ぶのが好き。

引き続き花のある生活を楽しんでいこうと思います。

毎月を乗り越える女たち

生理がしんどい。

生理前の抑うつ状態
生理痛
貧血

しんどい。対処にもお金かかるし。

抑うつ状態に関しては漢方で少しマシになる。
貧血に関して鉄分を意識的に摂ることでマシに…なってる…?実感は皆無だけど、やらないともっとひどいのかな、どうなんだろう。
風邪気味なのもあり、昨日はちょっとフラフラで帰宅中に階段でフワッとして、あ、これやばいな、と焦った。

生理痛が一番厄介で、
痛み止めを飲む→眠くなる
眠気対策にコーヒー(カフェイン)を摂る→更にへんな体調になる

というかんじで、何をしても不具合が発生するので、どれかの不調を選択せねばならない。眠くなりにくいタイプの薬も買ってみたけど、痛み止め効果を感じなかった。なんらかの対処を心がけていても、完全に何もない状態にはなれない。基本だるい。

休日は寝ていいので、痛み止めを飲んで寝る、で一応収束できる。休日は救い。でもそんな不調さえなければ活動したい。無理して動くと何も捗らず自己嫌悪だし。

会社によっては生理休暇とかあるけど、そんな名前が付いていても有休で普通に休むだけだったのでただの有休だし、毎月決まり行事のように休むのもなんだか嫌だし、どうせなら生理手当とかくれよ…と思ってしまう。

こういうことで弱っていると、程度の差はあれど、世の女性は生きてるだけでえらい…すごい…と畏敬の念を抱く。

これがあと20年前後、毎月続くのか。人間やめたい。こういうときだいたい単細胞生物になりたいと心の中でつぶやいている気がする。

女性のみなさんどうやって乗り切ってるんですか。毎月数日とわかっていながら毎回心が折れそう。