suinote

絵と写真とゆるくてシンプルな日常

描いていてよかったと思った日

ここ二、三日のこと。本当に小さくて1mm程度の第一歩だと思うのだけど、初めて絵の仕事をしたり絵でお金を得るという体験ができた。

ひとつはクラウドソーシング的なところに登録して、SNS用のアイコンを描いた。まだ二件だけど、気に入ってもらえて嬉しかった。とにかく何かやりたい!という気持ちが先走ってサッと準備したページだったけど、提供者がたくさんいるなか見つけて依頼してくれたり、お気に入りしてくれた方も何人かいる。よかった。作例はもうちょっと整えないと…と思いつつ後回しになっている…やります…

それにしても相場が安すぎると感じる上に手数料引かれることを考えると悲しいことになる。ずっとこのままの状態はちょっと厳しいので、もっと力をつけてなんとかしていきたいとは思う…

もうひとつは、仕事ではないけど絵や日記を置いているプラットフォームで私のことを紹介&投げ銭してくださった方がいて、初めてのことでとても嬉しかったし、記念の意味も込めてお礼にちょっとした絵を描いて送った。

頼んでもないのに二次創作(好きなキャラ)でもない絵が届いて果たして嬉しいのだろうか、という疑問はあったけど、マイナスな方向にはいかないだろうと思って、思い切ってメールを送った。結果、とても喜んでもらえて、印刷して机に飾ってくれているらしい。「嬉しい」をもらって、返すことができて、またもらってしまった。ありがたい。

思えば今まで、仕事ではないにしても、プレゼントした絵やグリーティングカードなどで喜んでもらえたことは何度もあった。それを改めて思い出したし、去年いろいろ迷いがあって絵を描くのをやめようとしていたけど、また描き始めてよかったと思えた。

趣味でちょっと描いていただけの人間だけど、自分が描いたもので、思ったよりずっと喜んでもらえることがあるんだなと改めて思い出すことができて、とても嬉しい体験だった。


絵自体でどうこう、以外にもよかったなと思えることがあった。

私は面識のない人とのやりとりに圧倒的に不慣れであること(ネットで相互フォローしていてお互いの人となりを知っている場合は別)を改めて知った。べつにトラブルや滞りがあったわけではなく、ただ、慣れてないなって思っただけで、単純にビビリというか、気持ちだけ。

でも「ここは○○だからこうしたほうが良くて」というようなことを伝えたり、簡潔な説明を心がけたりと、スムーズに運べたと思う。そう思うと、制作会社に転職して直接クライアントとやりとりするようになっていた経験はすごく良かったと思うし、それがなかったら、いちいちドキドキして右往左往していたと思う。それくらい、今よりもずっとずっと小心者だった。

それを、会社という後ろ盾がなく自分で完結できたことが、嬉しいはもちろん少し安心したというか。


すでにガツガツ前に進んでいる人からみたら、お前ほんとに大人かよってレベルの進み具合でも、全然行動できないタイプだった自分にとっては、それなりの変化だと思う。好きでやっている限りは描くことを続けたいし、好きなことで喜んでもらえて、お金を得られることを増やしていきたいな。