suinote

絵と写真とゆるくてシンプルな日常

考えごと

最近の学びによる直近の指針

昔〜今の仕事や人間関係を踏まえて心に留めておこうと思ったことリスト。特に感じていること。 人に頼ってもいい そのほうが物事の進みが良いだけでなく、良い関係を築くきっかけにもなると感じた。逆に自分でもよければ頼ってくださいのスタンスもオープン…

生きるのがこわい

大きく成長したり、大きく何かが変わるとき、変えるときって、ひどく挫折を味わうことがあると思う。 自分もそうで、次に進むタイミングの直前は本当にひどくて、「もう無理だ生きていけない…」となっていた。一瞬で楽に死ねる薬とかがあれば飲んでいたと思…

片付けられない

昔から、部屋を片付けるのが苦手だ。片付けてもすぐ散らかる。それが、仕組みが良くないにしても、きっといくら仕組みを整えても私にはあまり意味がないと思う。それよりも面倒という気持ちが勝って放置してしまう。 どうしても避けられないのは、洗濯物、洗…

日記が書けない

最近、あんまり日記が書けない。時間がないからとか、飽きたとかそういうことではない。書きたいことはたくさんあるし、考えたことは本当に小さいことでもアホかってくらいメモしているのだけど、なんだかスムーズに動けない。 私はすごく内向的で、日記を書…

進むことをやめないための心がけ

引きこもっていることの多い無職生活が続いてしまって(個人での仕事も始めたので完全な無職というわけではないと思うけど)、ぼんやりする時が多々あってよくないなーと思ったので、反省をもとに、これからなるべく日々を無駄にしないための心がけをしてい…

わかりやすい人でいたい

不安は、未知のことに対して抱く。わかっていたら、もうやるしかないと思って対処方法を考えれば良いわけだけど、わからないことに関しては、どの程度の何が起こるかどれ程の覚悟が必要なのかのイメージを知ることができないから不安になる。 人に対してもそ…

やり場のないポエム

数行程度のちょっとした考え事をある場所に書き溜めている。考えたことをずっと頭の中にとどめておくのは結構大変。一旦別の場所に移さないと、新しいことを受け入れたり考えたりする余裕が生まれない。 そんなわけでひたすらテキストが溜まっていく。あとで…

不安と一緒に

不安を敵だと思わずに、受け入れられるようになってきた。私はヘタレだから不安になって、不安だから前に進んだり決断したりできないのだと少し前まで思っていたのだけど、ちょっと違うと気付いた。 ブログやTwitter、インタビューなど、今はインターネット…

選択

自分を不幸にしかしない、どうしようもない環境(会社に限らず人間関係色々ひっくるめて)に所属しているとして、さて自分はどうしたら?と思ったら、選択肢は以下の三つになる。 その環境から離れる(リスクが高い場合もあるが、状況を良くする可能性が見出…

2017年の振り返り

今年の振り返り。 今年の抱負… 2017年は「なるべく元気でいる」という抱負だった。なにそのフワフワな抱負、というかんじだけど、一応ここに書いている。 suito.hatenablog.com このタイミングで改めて読んで、この時点の自分そんなかんじだったんだ、だいぶ…

先の準備をしすぎない

十代の頃からずっと、まだ起こるかどうかすらわからないことに対して過剰なまでに不安を抱きやすかった。「こうなったらどうしよう」と延々と考えていたり、PCを触るようになってからは延々と調べがちだった。それでも、起こる・そうなる可能性は高くもなん…

困ってても隠してる限り知られない

前にもちょっと似たようなことを書いたんだけど。いろいろ振り返って昔のことを。 私は限界まで我慢してしまう性格だったようで、周りに助けを求めることができなかった。「もう無理だ」と思ったところで初めて相談したら、「全然わからなかった」といったよ…

無職だった昔のはなし

あまりにもボロボロになってから辞めると、回復のために休んでいてもそのまま落ち込みがちですよね、というかそうだった。 うつになってからじゃ復帰が大変、というのも確実にあるけど、私の場合はあまりにも世間知らずなせいもあった。前回無職だったのは5…

NOと言えるようになってから少し楽になってきた

十代の頃からずっと「嫌だ」「断る」「無理」などの主張ができなかったけど、やっと、だんだん言えるようになってきた。仕事に限らずプライベートもいろいろな面で。 純粋に嫌だという気持ちの問題だったり、単純に都合(無理に詰め込んで自爆しないための調…

ていねいに暮らさない

断捨離をして、衣食住など生活に関することに興味を持ち始めてから、「ていねいな暮らし」に憧れていた時期があった。きちんと整理整頓された生活雑貨、素敵な家具、お洒落なディスプレイ、優雅なティータイム、いいなぁ…と。思っていたけど、もうそれを目指…

無駄に気を遣いすぎていた

思いやりのある行動や周りをみて気配りすることなど、相手を思っての対応は大事だと思う。ただ、そのつもりが無駄に過剰な気遣いになってしまい相手を疲れさせたり気分を悪くさせてしまうこともあると気づき始めた。もはや相手を思ってではなく、何かやらか…

受け身でいると振り回されがち

自分はなんでこう振り回されるんだろうと思うことが多くて、本や読んだり人と話したりネットでいろいろ見たりして原因はいろいろあるなと思ったんだけど、その中の一つとして「受け身でいること」は大きいと気付いた。これは社会人になってから顕著になった。…

退職していました

ひと月ほど経ってしまって今更なのだけど、一年半ほど務めたWeb制作会社を退職した。 ほとんど見た目部分を作る&閉鎖的環境で過ごした超世間知らずデザイナーだった自分からは想像もつかないほどの経験をさせてもらった。 ちゃんとした退職エントリというよ…

描いていてよかったと思った日

ここ二、三日のこと。本当に小さくて1mm程度の第一歩だと思うのだけど、初めて絵の仕事をしたり絵でお金を得るという体験ができた。 ひとつはクラウドソーシング的なところに登録して、SNS用のアイコンを描いた。まだ二件だけど、気に入ってもらえて嬉しかっ…

書くときの雰囲気

朝はスッキリしていて、わりといい気分とノリでブログを書きたくなる。 これは、自分が好きなことを好きなように書きつつ、他の誰かにもちょっとプラスになればいいなってかんじの内容にしたいことが多い。 机に向かって、よし書こうー!って気持ちで書ける…

10年以上先の世界

最近、少しだけど、おそらく10歳は上、もっと上だと自分の母親世代くらいの方のブログを読むことがある。元々はほぼ20代の人のブログしか読んでいなかった。そこに特に拘りはなく、なんとなくそうなっていた。 自分もなんとなく好きなようにブログを書いたり…

お金があれば解決しますか

なんでもお金で解決しようとする人、もしくは解決するかは置いといて、お金でその場を取り繕う人に対して、全部それで大丈夫?と思う。 やりたいことがあるからお金で時間を買うとか、関係者に適切な選択なら賛成だ。でもお金で解決、が必ずしも全て良い結果…

察してもらうなんて無理

とある時期、もう今の状況無理だ…と突然何かがプツンと切れてしまうような感覚になった。何が引き金になったかは覚えてないけど、それまでの我慢が重なって些細なことでそれが起こってしまったのかもしれない。たしか泣きながら、もう無理です、という旨を伝…

花と自分のお手入れ

私は眉上程度に短い前髪の方がしっくりくる。というか、前髪が伸びて眉下くらいまでくるとダサくなる。 前髪が短いときは気分的に普通〜元気であることが多くて、ダサくなっている状態の時はなんとなく荒んでいたり気が重い時期だったり、色々面倒で雑になっ…

もってるもの

私は劣等感のかたまりみたいな人間なんだけど、どうにか視点を変えようとしている。 今まで、周りの人がみんな◯◯できるのに私は苦手(そもそも自発的にやってる人に比べると伸び具合も雲泥の差で、余計に面白味を感じる域にいけない)だからダメ人間だ、みたい…

人を平気で傷つける人にまで気を遣う必要はないのではないか

いつの時代も「え、そんなこと言う!?」ってびっくりするような失礼なことや不快なことを平気で言ったりそういう接し方をしちゃう人はいる。私はオトナなので(?)そういうことしないぞ、と思う、というか、そういうことをする発想すらないわけなのだけど…

やってた

ブログに書きたい、と思いついたことをよく書き留めている。それが増えすぎたのでちょっと整理しようと見直していたら、「○○したい、していきたい」みたいな内容がいくつかあった。ちょっとした興味のことや日々の心がけ程度なんだけど。どれもその後に実行…

承認を糧にしてもいいのかもしれないと思った日

アドラー心理学では承認欲求を否定している。人は他者の期待を満たすために生きているのではないし、承認欲求に捉われ基準にし続けるのは他者の人生を生きることになるからだ。 自分はあまり承認欲求が強くないほうだと思っていた。ネット上で文章を書き始め…

本音のような

人に普段あまり言わないような内容を話していて、あまり深く考えず話の流れでポロっと「私はたぶん◯◯◯◯◯なんだと思う」と言葉が出た。 その、とあることに対して最近考えたり意識してなくてすっかり忘れてたけど、そういえば前はそんなことも思ってたっけ、…

父と母と私

今、京都にある実家に来ている。実家と言っても、まともに住んでいたことはない。元は父側の両親の家、つまり私の祖父母の家なのだ。父の仕事の都合であちこちに行っていて、最終的にここに落ち着いた、という感じ。小さい頃大阪に住んでいた時期は、よく遊…